私たちについて

変わることのない私たちの
目標とミッション。
AI IoTの大革命が起こる。

センサーやコンピュータチップの性能が上がり、価格が下がる。
バッテリーの性能が上がり、価格が下がる。
大量のデータの高速通信が可能になる。
あらゆるものにセンサーやコンピュータチップが組み込まれている。
そのセンサーでキャッチした大量の情報をAIが処理する。
AI IoTの大革命は静かに、確実にやってきます。

センサーやコンピュータチップの性能が上がり、価格が下がる。
バッテリーの性能が上がり、価格が下がる。
大量のデータの高速通信が可能になる。
あらゆるものにセンサーやコンピュータチップが組み込まれている。
そのセンサーでキャッチした大量の情報をAIが処理する。
AI IoTの大革命は静かに、確実にやってきます。

センサーやコンピュータチップの性能が上がり、価格が下がる。
バッテリーの性能が上がり、価格が下がる。
大量のデータの高速通信が可能になる。
あらゆるものにセンサーやコンピュータチップが組み込まれている。
そのセンサーでキャッチした大量の情報をAIが処理する。
AI IoTの大革命は静かに、確実にやってきます。

個人にフィットする時代。

AI IoTの大革命が起こると、どんな社会になるでしょうか?
あらゆる製品、サービスが個人にフィットする時代になると私たちは考えています。
たとえば、体型データをとって最高にフィットした服を届けるサービスがあります。
今はまだ服くらいしか個人にフィットしていない。
でも、これからはたくさんのものが個人にフィットするようになるでしょう。

AI IoTの大革命が起こると、どんな社会になるでしょうか?
あらゆる製品、サービスが個人にフィットする時代になると私たちは考えています。
たとえば、体型データをとって最高にフィットした服を届けるサービスがあります。
今はまだ服くらいしか個人にフィットしていない。
でも、これからはたくさんのものが個人にフィットするようになるでしょう。

AI IoTの大革命が起こると、どんな社会になるでしょうか?
あらゆる製品、サービスが個人にフィットする時代になると私たちは考えています。
たとえば、体型データをとって最高にフィットした服を届けるサービスがあります。
今はまだ服くらいしか個人にフィットしていない。
でも、これからはたくさんのものが個人にフィットするようになるでしょう。

”心”も含めてフィットする。

AI IoTの大革命はあらゆる製品、サービスが個人にフィットする社会をつくる。
それは確かなことなのですが、一つ問題があります。
人の“心”の状態はどうなのか?
たとえば、走ることを勧めてくるヘルスケアアプリがある。
でも、とてもじゃないけれど走る気分じゃないときもある。
ほんとうに個人にフィットする製品、サービスが生まれるためには“心”の状態を
無視することはできないと私たちは考えています。

AI IoTの大革命はあらゆる製品、サービスが個人にフィットする社会をつくる。
それは確かなことなのですが、一つ問題があります。
人の“心”の状態はどうなのか?
たとえば、走ることを勧めてくるヘルスケアアプリがある。
でも、とてもじゃないけれど走る気分じゃないときもある。
ほんとうに個人にフィットする製品、サービスが生まれるためには“心”の状態を
無視することはできないと私たちは考えています。

AI IoTの大革命はあらゆる製品、サービスが個人にフィットする社会をつくる。
それは確かなことなのですが、一つ問題があります。
人の“心”の状態はどうなのか?
たとえば、走ることを勧めてくるヘルスケアアプリがある。
でも、とてもじゃないけれど走る気分じゃないときもある。
ほんとうに個人にフィットする製品、サービスが生まれるためには“心”の状態を
無視することはできないと私たちは考えています。

このうえなくやさしい情報端末をつくる。

これが私たちのミッションです。
それは、人の“心”の状態を無視しない情報端末です。そう、ドラえもんのように。
でも、私たちはロボットをつくりたいのではありません。やさしい情報端末をつくりたいのです。
センサーによって人や周囲の状態を認識する。
画面だけではない、身振り手振りといった表現。
さらに会話というコミュニケーションによって、あなたと“心”でつながれる。そんな情報端末です。
それはロボットではないか? 私たちはそんな仮説を立てています。
そして、その先にほんとうの意味で個人にフィットしたAI IoT時代を想像しています。

これが私たちのミッションです。
それは、人の“心”の状態を無視しない情報端末です。そう、ドラえもんのように。
でも、私たちはロボットをつくりたいのではありません。やさしい情報端末をつくりたいのです。
センサーによって人や周囲の状態を認識する。
画面だけではない、身振り手振りといった表現。
さらに会話というコミュニケーションによって、あなたと“心”でつながれる。そんな情報端末です。
それはロボットではないか? 私たちはそんな仮説を立てています。
そして、その先にほんとうの意味で個人にフィットしたAI IoT時代を想像しています。

これが私たちのミッションです。
それは、人の“心”の状態を無視しない情報端末です。そう、ドラえもんのように。
でも、私たちはロボットをつくりたいのではありません。やさしい情報端末をつくりたいのです。
センサーによって人や周囲の状態を認識する。
画面だけではない、身振り手振りといった表現。
さらに会話というコミュニケーションによって、あなたと“心”でつながれる。そんな情報端末です。
それはロボットではないか? 私たちはそんな仮説を立てています。
そして、その先にほんとうの意味で個人にフィットしたAI IoT時代を想像しています。

AI IoTの革命はまだ来ていない。

AI IoT時代の新たな情報端末として生まれてきたロボットはたくさんあります。
でも、AI IoTの革命前には力を発揮しません。力を発揮するだけの能力もまだまだです。
こんな状況に最もふさわしいロボットはどのようなものか?
その答えが、HACOというカスタマイズ性の高いロボットとHACREWという開発環境です。
完成品ではなく、オープンで誰もが開発に参加できるロボット。
カスタマイズ次第でさまざまな場面で活躍できるロボット。
HACOはそんなロボットです。
HACOとHACREWで来たるAI IoT時代のやさしい情報端末を一緒に生み出しましょう。

AI IoT時代の新たな情報端末として生まれてきたロボットはたくさんあります。
でも、AI IoTの革命前には力を発揮しません。力を発揮するだけの能力もまだまだです。
こんな状況に最もふさわしいロボットはどのようなものか?
その答えが、HACOというカスタマイズ性の高いロボットとHACREWという開発環境です。
完成品ではなく、オープンで誰もが開発に参加できるロボット。
カスタマイズ次第でさまざまな場面で活躍できるロボット。
HACOはそんなロボットです。
HACOとHACREWで来たるAI IoT時代のやさしい情報端末を一緒に生み出しましょう。

AI IoT時代の新たな情報端末として生まれてきたロボットはたくさんあります。
でも、AI IoTの革命前には力を発揮しません。力を発揮するだけの能力もまだまだです。
こんな状況に最もふさわしいロボットはどのようなものか?
その答えが、HACOというカスタマイズ性の高いロボットとHACREWという開発環境です。
完成品ではなく、オープンで誰もが開発に参加できるロボット。
カスタマイズ次第でさまざまな場面で活躍できるロボット。
HACOはそんなロボットです。
HACOとHACREWで来たるAI IoT時代のやさしい情報端末を一緒に生み出しましょう。

たとえば学びのツールとして。たくさんの事例を生み出します。

HACOとHACREWはテクノロジーの学びのツールとして最適です。
HACOをカスタマイズしてコミュニティーに発表する。
自由に創作しながら学んでいける。
学びのツールとして、受付ロボットとして、ヘルスケアのパートナーとして。
私たちは、HACOを使ったさまざまなレシピを生み出していきます。
一緒にたくさんのレシピを生み出していきましょう。
たくさんの使われ方をして、たくさんの事例が生まれた頃。
AI IoTの革命も本格的に起こっていることでしょう。
そのときたくさんの人が育てあげたHACOがいる。
AI IoT時代のこのうえなくやさしい情報端末。一緒につくっていきませんか。

HACOとHACREWはテクノロジーの学びのツールとして最適です。
HACOをカスタマイズしてコミュニティーに発表する。
自由に創作しながら学んでいける。
学びのツールとして、受付ロボットとして、ヘルスケアのパートナーとして。
私たちは、HACOを使ったさまざまなレシピを生み出していきます。
一緒にたくさんのレシピを生み出していきましょう。
たくさんの使われ方をして、たくさんの事例が生まれた頃。
AI IoTの革命も本格的に起こっていることでしょう。
そのときたくさんの人が育てあげたHACOがいる。
AI IoT時代のこのうえなくやさしい情報端末。一緒につくっていきませんか。

HACOとHACREWはテクノロジーの学びのツールとして最適です。
HACOをカスタマイズしてコミュニティーに発表する。
自由に創作しながら学んでいける。
学びのツールとして、受付ロボットとして、ヘルスケアのパートナーとして。
私たちは、HACOを使ったさまざまなレシピを生み出していきます。
一緒にたくさんのレシピを生み出していきましょう。
たくさんの使われ方をして、たくさんの事例が生まれた頃。
AI IoTの革命も本格的に起こっていることでしょう。
そのときたくさんの人が育てあげたHACOがいる。
AI IoT時代のこのうえなくやさしい情報端末。一緒につくっていきませんか。

previous arrow
next arrow
Slider

パートナー企業

お問い合わせ